高知城 梅だより 2016 二十九輪目 ○実は、正標本木は・・・○

いつも高知公園をご利用いただき、誠にありがとうございます!


本日、2月10日午前9時頃の、梅の正標本木です。
標本木 梅ノ段

今年1月31日に開花宣言されました。(その記事はこちら


毎年、私たちに季節を教えてくれる大切な存在ですが、
実は…
標本木 梅ノ段標本木 梅ノ段

かなり痛々しい状態 なのです。


高知城のある高知公園は、歴史的な遺構を残すため、

新たに木々を植えることは、文化庁の許可が必要で、難しいのが現状です。

ですので、今ある木々が少しでも永く成長できるよう、

ご理解、ご協力をお願い致します。

禁止禁止



これまでの開花日については『お城の四季』をご覧ください。
今年の梅の枝配布や詰門開放などの予定につきましては、こちらをご覧ください。


梅の開花日…花が五、六輪咲いた日

梅ノ段

江戸時代には「獅子ノ段」「鹿ノ段」とも書かれ、射場や馬場があった。
また「西南櫓」「西櫓」「乾櫓」の3つの櫓が建っており厳重な警護がなされていた。
明治7(1874)年高知公園の開園を記念し梅林となり、現在は「梅ノ段」と呼ばれている。


このページのTOPへ

カテゴリー: 新着情報, 最近の出来事  タグ: , , ,  

« | トップページ | »