幸運の城 - 高知城

関ヶ原の戦いの功績により徳川家康から土佐一国を拝領した山内一豊は、慶長6年(1601)大高坂山に新城の築城工事を始め、慶長8年(1603)に本丸と二ノ丸が完成、入城しました。

享保12年(1727)城下町の大火で追手門以外の城郭のほとんどを焼失しましたが、宝暦3年(1753)までに創建当時の姿のまま再建されました。

その後は、自然災害や明治維新による全国的な廃城の嵐、太平洋戦争など幾度となく襲った危機を乗り越え、「南海道随一の名城」と呼ばれる優美な姿をした建物を今に残しています。

平成15年には、築城400年、再建から250年を数え、本物の城の持つ偉容が訪れる人々を今日も歴史のロマンに誘っています。

交通アクセス

アクセスマップをご用意しております。以下のリンクバナーをクリックすると、高知城までの詳細な経路や所要時間などがご覧いただけます。

パンフレット [Pamphlets]

各国語(Japanese・English・Korean・簡体中文・繁体中文・ภาษาไทย)のパンフレットをご用意しております。

このページのTOPへ