高知城 梅だより 2016 四十八輪目 ○標本木に小さい小さい実!○

いつも高知公園をご利用いただき、誠にありがとうございます!


桜たちに気をとられ、梅ノ段観察をなおざりにしていたら、


いつの間にか、梅の木たちに小さい小さい実がついていました。


梅 標本木 梅ノ段梅 標本木 梅ノ段





これまでの開花日については『お城の四季』をご覧ください。


梅の開花日…花が五、六輪咲いた日

梅ノ段

江戸時代には「獅子ノ段」「鹿ノ段」とも呼ばれ、射場や馬場があった。
また「西南櫓」「西櫓」「乾櫓」の3つの櫓が建っており厳重な警護がなされていた。
明治7(1874)年高知公園開園を記念し梅林となり、「梅ノ段」となった。


このページのTOPへ

カテゴリー: 新着情報, 最近の出来事  タグ: , , ,  

« | トップページ | »