高知城 梅だより 2016 二十七輪目 ○枝垂れの蕾たわわ!○

いつも高知公園をご利用いただき、誠にありがとうございます!


当園きっての梅スター☆『詰門前の枝垂れ梅』が咲いてから数日が立ちました。

その後はといいますと、
枝垂れ梅 梅ノ段枝垂れ梅 梅ノ段



少しずつですが、たわわな蕾が花に変わっていっています。
枝垂れ梅 梅ノ段



これまでの開花日については『お城の四季』をご覧ください。
今年の梅の枝配布や詰門開放などの予定につきましては、こちらをご覧ください。


梅の開花日…花が五、六輪咲いた日

梅ノ段

江戸時代には「獅子ノ段」「鹿ノ段」とも書かれ、射場や馬場があった。
また「西南櫓」「西櫓」「乾櫓」の3つの櫓が建っており厳重な警護がなされていた。
明治7(1874)年高知公園の開園を記念し梅林となり、現在は「梅ノ段」と呼ばれている。


このページのTOPへ


« | トップページ | »