高知城 梅だより 2016 八輪目 ●副標本木にひとつだけの花●

いつも高知公園をご利用いただき、誠にありがとうございます。


高知公園には、桜、梅、いろは紅葉など、いくつかの標本木があることは、

『高知城 梅だより 2016 六輪目 ○標本木はまだ、つぼみ○』にて

ご紹介させていただきましたが、実は、その標本木たち、

正・副標本木と二本以上ある!というのは、本当に知られていません。

彼らも生きものなので、もしもを考えてのことかと思うのですが、

今朝確認してみますと、副標本木に一輪ほど、力強く咲いていました。

梅 標本木 梅ノ段

梅 標本木 梅ノ段



その他、あちこちで・・・


梅ノ段トイレ前の白梅
白梅 梅ノ段トイレ前



例年早咲の紅梅
紅梅 梅ノ段



梅ノ段のまんなかのあたりの白梅
白梅 梅ノ段

これから、ここそこで楽しむことができそうです。

これまでの標本木の開花日については『お城の四季』をご覧ください。


梅の開花日…花が五、六輪咲いた日

梅ノ段

江戸時代には「獅子ノ段」「鹿ノ段」とも書かれ、射場や馬場があった。
また「西南櫓」「西櫓」「乾櫓」の3つの櫓が建っており厳重な警護がなされていた。
明治7(1874)年高知城公園の開園を記念し梅林となり、現在は「梅ノ段」と呼ばれている。


このページのTOPへ

カテゴリー: 新着情報, 最近の出来事  タグ: , , ,  

« | トップページ | »