梅だより 其の二十九 ~梅の見ごろは過ぎにけり~

いつも高知公園ならびに高知城をご利用いただき、誠にありがとうございます。
梅

ほぼ二週間の長きにわたり、楽しませてくれた梅の見ごろは終わりました。
梅

梅

とはいえ、まだその美しさを最大限に表わそうとしている木々もあります!
梅



梅の花 咲きて散りなば 桜花 継ぎて咲くべく なりにてあらずや
万葉集 薬師張氏福子

この歌を信じ、次の春の便りを待ちたいと思います!
梅ノ段

江戸時代には「鹿ノ段」とも書かれ、射場や馬場があり、「西南櫓」「西櫓」「乾櫓」の3つの櫓が建ち、厳重な警護がなされていた。
明治7(1874)年、高知城公園の開園を記念し梅林となってからは、「梅ノ段」と呼ばれるようになり今日に至っている。


このページのTOPへ

カテゴリー: 新着情報, 最近の出来事  タグ: , , ,  

« | トップページ | »